西叶神社
写真ID p100007708
撮影日 2007/8/15
解説 文覚上人が源氏の再興を祈願して勧請したもので、平家が滅亡しその願いが叶ったことにより「叶明神」の称号が与えられたと伝えられています。天保13年(1842)に建造された社には、230を超える彫刻で飾られています。画像は、鏝絵(こてえ)と呼ばれるレリーフです。土蔵などの壁の仕上げに鏝(こて)と漆喰(しっくい)で作られたものです。江戸時代の中頃から数多く作られ、浦賀にも数点が残されています。西叶神社の鏝絵は、石川善吉による大正後期の作品です。